--> 帯広の成人式で振袖レンタルでの着付けをお考えの方に作法について解説! – 帯広市で振袖レンタル・袴レンタルならふりそでスタジオ京屋
ふりそでスタジオ京屋

店長ブログ

店長ブログcolumn

帯広の成人式で振袖レンタルでの着付けをお考えの方に作法について解説!

帯広在住の方で、「振袖のマナーって何があるのかわからない」と悩んでいらっしゃる方は多いと思います。
そこで今回は、帯広で振袖レンタルを長くやっている当社が、振袖の作法について紹介します。

□基本動作について

振袖姿を美しく見せるためには、基本の動作をしっかり行う必要があります。

まず初めに、立ったり歩いたりするときの作法です。
立つ際には、胸を無理に張ることなく、背筋をスッと伸ばしましょう。
また、歩く際には、親指に力を入れ、歩幅は足のサイズの半分程度を意識すると良いです。
足を内股にすることを意識しすぎて、不自然な歩き方にならないようにしましょう。

次に、階段の上り下りについてです。
この時に注意しておくことは、袖と裾を踏まないようにすることです。
袖は重ねて左手にかけておき、ふくらはぎが見えすぎないように、右手で裾を持ち上げると良いでしょう。

最後は、椅子に座る際の作法についてです。
座る際には、袖を前でまとめて持ち、帯が潰れないために、浅めに座ることが大切です。
バッグを持っている場合、椅子の背もたれと体の間におくと、自然と綺麗な姿勢になるでしょう。
袖が床について帯が崩れる可能性があるため、時々気にかけると良いです。

また、ソファーや低い椅子に座る時には、特に注意が必要です。
その際に、裾が広がってしまう可能性があるため、足が広がらないようにしましょう。

□基本動作以外に注意することについて

基本動作以外にも、いくつか注意する動作があります。

*車を乗り降りする

車に乗る際には、お尻から座席に入り、両足を揃えて入ると綺麗に見えます。
頭から入ったり、裾から足首やふくらはぎが見えたりしないようにしましょう。
降りる際にも、両足を揃えて地面に下ろすようにすることが大切です。

*挨拶をする

振袖を着ている際は、挨拶にも気を配る必要があります。
挨拶をする時には、背筋を伸ばし、両手両足を揃えて、上体を傾けましょう。
この時に、目線も自然に下げると綺麗に見えます。

*手を上げる

手を上げる場面では、両脇をしめ、手首の袖口を軽く抑えるようにしましょう。
袖口から肘や二の腕などが見えると見苦しくなるため、手先だけが見えるようにすることが大切です。

□まとめ

今回は、振袖の作法について紹介しました。
振袖は着る機会が多くないため、振袖の作法に関しては、普段意識していないことがあったと思います。
綺麗な振袖姿を保つために、今回紹介した作法は頭に入れておくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA