ふりそでスタジオ京屋

店長ブログ

店長ブログcolumn

振袖レンタルをお考えの方へ!レトロ柄がおすすめ!

この記事をご覧の皆さんは
「振袖レンタルを考えているけど柄について迷っている」「レトロ柄について詳しく知りたい」
このようなお悩みを抱えているかもしれません。
そこで、今回は帯広の皆様に向けてレトロの意味や魅力、またレトロな振袖に使われる柄について解説します。

□レトロの意味や魅力をご紹介!

成人式は、せっかくなら周りと被らないおしゃれな振袖を着てですよね。
そんな時はレトロ柄がぴったりです。
ここではレトロ柄の意味や魅力について詳しく解説します。

レトロとは英語のretrospectiveからくる略語で「懐古的な」という意味です。
その名の通りレトロと言えば昭和や大正時代をイメージさせるような雰囲気がありますよね。
例えば大きめの花柄やドット柄などの洋服をイメージしてもらえると分かりやすいでしょう。
レトロ柄は普段着では着こなすのが難しいと思われがちですが、振袖との相性が良いので近年成人式を迎えるお客様の間で人気が高まっています。

レトロ柄の魅力はなんといっても個性的で周りと被りづらいことでしょう。
原色や大胆な模様を取り入れることが多く、自分らしさをアピールして周りと差別化しつつもトレンドを意識できます。

□レトロな振袖に使われる柄をご紹介!

上記ではレトロ柄の意味や魅力について存分にお伝えしましたが、魅力は伝わったでしょうか。
ここでは実際にレトロ柄として用いられる柄の種類について紹介します。
ご自身にぴったりのレトロな振袖がきっと見つかるでしょう。

1つ目は椿です。
椿の柄には永遠の美という意味が含まれており、レトロ柄の中でも代表的な柄とも言えるでしょう。
個性的なだけでなく可憐な印象を与えてくれます。

2つ目は紫陽花です。
辛抱強い愛情という意味があり、浴衣で見かけることが多い柄ですよね。
どんな方にも似合いやすく、カラフルにしたりモノトーンにしたりすることで印象が一気に変わるという特徴があります。

3つ目は麻の葉です。
この柄には健やかな成長や魔除けという意味があり、愛らしい印象を与えてくれます。
幾何学模様の柄で、レトロ柄の定番の1つです。

□まとめ

この記事では、帯広にお住まいの皆様に向けて振袖のレトロ柄について解説しました。
レトロ柄には自分をアピールしつつ、トレンド感も出せるという魅力があります。
また椿や麻の葉などの柄がレトロ柄の中では代表的です。
この記事を振袖レンタルの参考にしていただけると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA