ふりそでスタジオ京屋

店長ブログ

店長ブログcolumn

振袖を着るときに生理になってしまったらどうする?快適に過ごす対策を紹介

帯広で成人式を迎えられる方にとっては、綺麗な振袖を着て旧友と会うことが楽しみですよね。
しかし、女性のお悩みとして生理になったらどうしようと不安な面もあるかもしれません。
対策をしっかり立てておけば不安なく過ごせますのでご安心ください。
今回は生理中でも振袖姿で快適に過ごすための対策を紹介します。

□振袖を着る当日と生理が被ってしまったら?汚れない着方を紹介!

ここでは、振袖を着る日と生理が被ってしまったときに汚れを最低限に抑える着方を紹介します。
大きく4つのポイントがあります。

1つ目は、生理用品で2重にカバーすることです。
成人式はなかなかトイレに行くタイミングがないのに加えて、振袖の着用中は生理用品を取り換えることで着崩れに繋がります。
長時間付け替える必要のないタンポンが優秀です。
さらに念には念を入れて、お尻全体を包み込んでくれる生理用ナプキンを重ねておくと安心できます。

2つ目は、クロッチ部分が2重になっているショーツや防水機能のあるショーツを選ぶことです。
クロッチ部分が2重になっている下着は汚れの伝い漏れが防止できるほかに、羽根つきのナプキンの羽根を隠せます。
また、布も防水仕様であればさらに安心です。
すぐに脱げるよう、帯に引っかからない程度のお腹部分の長さのショーツを選んでおけば万が一のときも素早く対応できます。

3つ目は、トイレの時はクリップを活用することです。
クリップやヘアクリップをあらかじめ手持ちに4個ほど持っていくことをおすすめします。
袖と裾をまとめて思いがけないような汚れを防げます。

4つ目は、ショーツの上からペチコートを着用することです。
防水機能のあるペチコートで万全にカバーしましょう。

□小さな心がけで快適に!成人式当日に意識しておくこととは?

ここからは、当日に意識しておくと良いことを紹介します。

なるべくこまめにトイレに行き、意識して排出をコントロールしましょう。
式中は、なるべく背筋を伸ばすことです。
背筋を伸ばすことで、骨盤の筋肉が緊張し経血を抑えられる効果があります。

ただし、ただでさえ生理中で体調が辛い中、重たい振袖を着用するのは大変です。
体調と相談しながら痛み止めも適宜服用し、上記の対策はできるときに行うようにしましょう。
無理は禁物ということを一番に意識してくださいね。

□まとめ

今回は、成人式に生理中でも振袖姿で快適に過ごすための対策を紹介しました。
一生に一度の成人式が最高の一日となりますよう、少しでも参考にしていただければ幸いです。
帯広で振袖レンタルにお悩みなら、当社にご相談ください。
振袖選びから、そのほかのお悩みも専門家であるスタッフが親身にサポートいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA