二者択一

星空を諦めて

雪が降る中一人、トボトボ戻った訳です。

車に到着した頃、辺りは真っ暗。

夜空を見上げると、

あれ???

星空が輝いています。

「???」←心の声

コロコロ天気が変わるのは、知っているけど

どういう事でしょうか?

この時点で、18時30分。

場所が場所だけに、スマホの電波が届きません。

すっかり帰るモードになっていた私です。

「とりあえず、糠平温泉まで行ってお天気アプリを見てみよう」←心の声

車を10分程走らせ、ニュースアプリを立ち上げると

「??????」←心の声

19−24時まで星キラキラマーク!!

「でも、このアプリ割と外れることあるじゃん」←心の声

腹が減っては戦は出来ぬ という訳で

上士幌町まで戻り、コンビニでお弁当を食べました。

そして、家族に連絡し

事の次第を話し、呆れられました。。。

19:30分頃です。

「一人で真っ暗の中、危険だよね?」←心の声

とりあえず、もう一回行って見て

曇ってたら、戻ろう。

30分運転、到着。

空を見上げると、キラキラしているんです!!

「本当に行くの?車が一台も止まっていないよ」

「つまり、俺一人だけだよ」←心の声

多分、絶景が広がっている事でしょう。

わかっているんです。

少しの恐怖と葛藤しながらも

決めました!

「そうだよな、これを逃したら1年後だよ」←心の声

意を決しました。

この日に限って、懐中電灯を忘れたので

スマホのライト機能を使い、

雪道に残っている足跡を頼りに突き進みます。

「冬だから、熊には会わないから大丈夫!」←心の声

エゾシカの足跡を見つけ、自分に言い聞かせます。

林道を抜け、空を一面に見渡したんです。

「あぁぁぁぁ、来てよかった!!!」←心の声

広い湖の氷上に、ただ一人だけの私。

恐怖感は消え去り、しばし空を見上げます。

ちらっと、光ったんです。

振り向くと、遠くで僅かな光が見えます。

2つ、3つ。

「あぁそうか、新月のタウシュベツを撮りに来たのは俺一人じゃなかったんだ」

↑ 心の声

星空の撮影時、カメラを設定するときに

ライトを使いますが、その光が

自分が撮りたい画角に入ってしまう事が多々あります。

今回、私が撮りたかったのは、超広角での「タウシュベツと星」

なので、後続の方が着くまでに撮りたい!と思い

そこからは、一人早足で突き進みます。

2時間前に辿った道です、暗くても頭の中に分かっています。

どんどん進みます。

 

そして、後続の方が着くまでにカメラ設定。

 

何とも贅沢な時間を過ごしました。

男性2人で撮影目的で来た方や

カップルで来た方もいました。

時間を忘れる程の満点の星空でした。

 

北極星、何処だか分かりますか?

中心から少し左よりにある

少し大きな点です。

この星を中心にグルグル回りますね。

 

5分間露光しました。星の軌跡が

輝く時間を物語ります。

 

あっとい間に、3時間ほど撮影しました。

マイナス15℃くらい?

カメラのバッテリーも、切れる頃

遠くから、光が。

撮影に来たのでしょう。

「そろそろ、帰ろう。今日は本当に良かった」

心が満たされ、引き返します。

すれ違った光の主は

5人で来ていた撮影目的の

私よりも若く感じた男性たち。

遠くではしゃぐ声が聞こえます。

「そうだよね、この星だもんな」←心の声

 

車に着いた頃、日付は変わっていました。

 

さぁ、帰ろう。

「諦めたくて、良かったね」

暗闇の恐怖に打ち勝った自分に言いました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA