日常に戻りつつ

胆振東部地震から1週間が経ちました。

電力需給が日常に戻りつつある中で

未だ避難所待機の方たちに心からお見舞い申し上げます。

学校が危険な状況で、公民館にて授業を再開した地域の生徒さんも

本当に大変な思いをされていると思います。

1日でも早く日常に戻れることを祈っております。

 

今月も中旬に差し掛かるところですが

昨日1日だけ撮影がなかったので

 

銀泉台に行ってきました。帯広からですと二時間半程度で行けます。

途中

三国峠を通って行くんですね。日本一高い位置にある国道だそうです。

今月の末から来月になると

こんな感じになりますでしょうか?

ちなみにこちらは昨年の9月30日頃です。

紅葉は、その時の天候状況で変わります。

今年は、季節外れの雪や台風、低温と長雨などで

「色付き」が昨年とは全然違うそうです。

そうはいっても、昨年の紅葉は「近年稀に見る」色付き

だったわけですが。。。。

国道から右折する林道約15キロほとんど砂利道、かなり登って行くのです。

以前は登り途中車がエンストした経験もあります。かなり汗りました、その時。

昨日は天気も良かったので、たくさんの車が止まっておりました。

九州ナンバーの車もありましたね。

明日からはマイカーで登ることが出来なくなるので、皆さんその前に

紅葉狩り、登山を目的に来たのでしょうね。

このスタート地点も傾斜がありますので、最初ここに来た時は

この時点で酔った感覚になったことを思い出します。

20−30分程度でしょうか、一番最初の見頃スポットです。

丁度雲が早い速度で動いたので

太陽の光が当たっているところが明るくなっていますね。

やっぱり青空は気持ち良いですね。今回はこれ以上登らず

ぼーっと眺めていました、この景色。

ちなみに昨年は

こんな劇的な赤色だったんですよ。ただ曇っていて寒かった記憶があります。

全て最高の条件で撮るということは、本当に難しいです。

時間が掛かります、だからこそ立ち会えた時は本当にラッキーですね。

昨日です、望遠レンズで撮った写真です。

5月から変えたsonyのミラーレスカメラが軽くて、何とも使い勝手が良くて

今回リュックに積んできたcanonの一眼レフが、かなり重く感じました。

それだけ使って撮影していた時は何とも思わなかったのですが……

カメラの性能は、日々どんどん良くなっていきますね。

新しいiphoneのカメラは、一眼レフの様に

背景をボカした写真を撮れるらしいです!衝撃的ですね。

もはや一眼レフカメラ、はるか彼方昔に行ってしまった感。。。

帰り道、士幌町から音更町に向かう道は、国道ではなく

農道を通って戻って来ました。

 

日暮れが早くなりました、17時30分頃です。

 

白樺並木ですね、北海道らしい風景です。

本当に久しぶりにゆっくり夕日を眺めることが出来ました。

 

明日から3連休、前撮り撮影やご来店頂けるお客様

心よりお待ち申し上げております!!!

次回は前撮り撮影させて頂いたお客様のご紹介です!

中々ご紹介出来ず、本当に申し訳ありません。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA