世界遺産といえば

日本国内にある世界遺産の数???

いくつあると思いますか?

22件だそうです。

北は北海道の知床(良く行きます)から

東北 青森の白神山地 岩手の平泉

栃木の日光東照宮 群馬の富岡製紙場

静岡の富士山  兵庫の姫路城 広島の厳島神社

長崎の軍艦島  鹿児島の屋久島

狭い国土にも、これだけ沢山の世界遺産が

あるんですね! 十日町市に訪れる前に

富岡製紙場の見学に行って来ました!

住んでる時には、一度も訪れる事がなかったので

凄く新鮮でした!

日本の伝統文化である着物の元になる

絹糸も、現在は中国を含めた外国からの輸入が

大部分を占める中、純国産の絹糸は

ここ群馬県と岐阜県が大部分を占めております。

明治時代の建物が、そのまま残っております。

アンティーク感、存分に感じました。

明治時代、生産技術はフランスから

指導者を呼んで、導入したそうです。

当時 フランス人の飲むワインを

生き血を飲まれると言う噂が広がり

中々、工女さんが集まらなかったそうです。

当時としては、福利厚生面などかなり

好待遇だったようです。北海道からも

7-8人行ったそうです。

 

実演コーナーもありましたよ。

 

これが、お蚕さんですよー

お客様にお土産を買いました。

こちらが

こんな美しい製品になるのです。

ものづくり日本🇯🇵

次回は十日町市の着物をご紹介しますね!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA