どう生きるか?

 

 

先日、出張に行った際に

 

ちょっと無理して「軍艦島」に行ってきました。

 

来年には、おそらく「世界遺産」に認定されるであろうと言われ

 

又訪れる機会もそうそうないと思ったので・・・

 

06271

 

「資源に乏しい日本」

戦前、そして戦後1970年代まで

主エネルギーが石油に代わるまで

ここには、5200人ほどの炭鉱に従事する家族が住んでいました。

当時東京よりも人口密度が高かったそう。(日本一の人口密度)

毎日、死と隣り合わせの危険な採掘作業。

例えば、地底600m(スカイツリーの高さとほぼ同等)までを

2分少々で降りたそう。そこから延々トロッコで1時間。

そして現場に到着。

そこは、常にガス爆発の危険が伴う現場。

その危険な仕事を全うする男を待つ家族。

 

そんな方たちの簡単には言葉で言い表せない努力のお蔭で

 

今の私たちがいる。

 

06278

 

国としても、ここは本当に大事にしたそうです。

 

何せ、日本で初めて鉄筋コンクリートのアパートが建ったのはここだそう。

 

↑の画像がそうです。

 

06274

 

↑画像中央の白っぽい残骸は木造建物です。

 

06276

 

煉瓦の建物は事務所だったそうです。

 

本当に海の中にポツンとあるので

 

天気コロコロ変わります。

 

自分の日常の過ごし方、そして次世代を担う子供に

 

どういう教えで接していくべきか

 

考えさせられます。

 

本当に、この国を築いてきた人生の先輩の生き様が

 

今の日本を支えてるんですね。

 

 

06277

上陸直前

 

ほんのわずかな上陸時間の間に

 

06273

帰船中

 

天気は変わります。

 

何事も、一喜一憂しない確固たる決意が必要なんですね。

 

06275

 

もうしばらく、来ることはないであろう島に

 

これからの生き方を教えられました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA