ふりそでスタジオ京屋

店長ブログ

店長ブログcolumn

レトロな振袖が人気!成人式でレンタルをご検討中の方に解説します

振袖のレンタルをご検討中の皆さん、どのようなデザインにするかはお決まりですか。
古典柄やモダン柄をはじめとして、振袖には人気の柄が存在します。
その中の1つがレトロ柄ですが、他の柄との違いは何でしょうか。
本記事では、レトロなデザインの振袖についてご紹介します。

 

□振袖のレトロ柄とは?

ここでは、レトロ柄とは何かを見ていきましょう。

「レトロ」という言葉を聞いたことがある方は、多いのではないでしょうか。
レトロには「昔を懐かしむ」という意味があります。
そのため、振袖のレトロ柄は、昔流行ったファッションのデザインを取り入れた柄と言えるでしょう。
その着物が作られた年代に関係なく、古い柄を取り入れているものであれば、レトロ柄と言われます。

また、レトロモダンと呼ばれる柄もあります。
これは、上述したように「昔を懐かしむ」という意味のレトロと、「現代的」の意味を持つモダンが合わさった柄を指します。
現代的でありながらも、古い伝統を感じられる柄だと言えます。
レトロモダンには、個性的なデザインが多いため、他の人とは違った振袖を選びたい方にはぴったりでしょう。

 

□レトロ柄の振袖を色別にご紹介!

ここでは、レトロ柄の振袖の特徴を色別にご紹介します。

まず、紺色の振袖です。
紺色の振袖は、柄に関係なく落ち着いた印象を与えますよね。
特にレトロ柄の振袖に紺色を使うと、ノスタルジックな印象を与えます。

また、ベースの色が落ち着いている分、柄がよく映える特徴もあります。
小物にアクセントを加えて、自分らしさを出してみるのも良いでしょう。

次に、赤色のレトロ柄です。
成人式の振袖と聞いて、赤色を思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。
定番色の赤色ですが、レトロ柄と合わせると個性を強調できるデザインになります。
発色の良さや独特なデザインで、周りとは違った雰囲気を演出できるでしょう。

黄色とレトロ柄の組み合わせはどうでしょうか。
黄色にも種類がありますが、特にからし色は大正ロマンを彷彿させますよね。
レトロ柄が引き立つ色として利用できるでしょう。

また、白色とレトロ柄の相性も良いでしょう。
白地の振袖に黒色のストライプ柄を合わせると、大人っぽいイメージになります。
振袖コーディネート全体に使う色を限定すると、統一感が出るのでおすすめです。

その他にも、黒色とレトロ柄を合わせてみてはどうでしょうか。
黒色は、他の色が映える色です。
例えば、黄色や青色、ピンク色などのはっきりとした色を合わせることで、目立つ色となります。
成人式会場でも注目される振袖となるでしょう。

 

□まとめ

本記事では、レトロ柄の振袖についてお話ししました。
振袖の柄や色は多種多様で、選ぶ際は迷ってしまいますよね。
本記事を参考にして、ご自身にあったものを選んでみてください。
帯広で振袖レンタルをご検討中の方は、ぜひ当社までご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA