ふりそでスタジオ京屋

店長ブログ

店長ブログcolumn

帯広で振袖レンタルをお考えの方注目!振袖の選び方とは?

帯広在住の方で、振袖のレンタルを検討していらっしゃる方はいませんか。
振袖をレンタルする機会が少なく、どのように選べば良いか悩む方もいらっしゃるかもしれません。
そこで今回は、振袖の選び方について紹介します。

□振袖の選び方について

 

 

 

振袖を選ぶ際には、重要なポイントが2つあります。

*慎重や体型にあった色柄を選ぶ

同じ振袖を着用しても、その人の身長や体格によって、見え方が大きく変わってきます。
そのため、自分にあった組み合わせを行うことで、体型をスッキリ見せられます。

身長に関しては、身長が高い方には、大きな柄や全体に柄が入っている総柄の振袖が似合います。
小さい柄の場合、全体的に寂しい印象となる場合が多いでしょう。
反対に、小柄の方は、細かいデザインが似合います。
細かい柄の振袖を選ぶことで、スッキリとした印象を与えられます。

体型に関しては、痩せ型の方には、パステル調の淡い色やボリューム感のある柄を選ぶことをお勧めします。
膨張して見せる効果があるため、細い方でもふんわり感を演出できるでしょう。
ぽっちゃり体型の方は、スッキリ見せるために、濃い目の色やストライプ柄・斜め柄の振袖を着用すると良いでしょう。

*肌タイプで選ぶ

肌のタイプと振袖の組み合わせでも、与える印象は変わってきます。

まず、イエローベースの肌の方に向けて解説します。
日本人に多いイエローベースの肌には、オレンジやブラウンの暖色系が似合います。
また、イエローベースで、色白の方は、春っぽい華やかな色が似合うでしょう。
少し暗めの肌色の方は、オレンジやレッドなど、秋に合う色を選ぶと良いでしょう。

次に、ブルーベースの方に向けて解説します。
ブルーベースの方は、優しいパステルカラーの寒色系が似合います。
また、ブルーベースの中で、肌が青白いサマータイプの方は、ピンク系を選ぶと良いでしょう。
ウィンタータイプの方は、鮮やかなブルー系や原色系が似合います。

□他の判断方法について

上記の2つ以外にも、自分がなりたいイメージを持つことや、着物に詳しい第三者にアドバイスをもらうことも大切です。

イメージに関して、可愛らしくしたい場合は、赤系の振袖がお勧めです。
反対に、落ち着いた印象を与えたい場合は、黒地にピンクの模様を選ぶと良いでしょう。

□まとめ

今回は、振袖の選び方について詳しく紹介させていただきました。
自分に合うデザインや色を選び、満足のいく振袖を来てもらえれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA