流星群は見えませんでしたが

真夜中0時に着きました、オンネトーに。

流星群極大午前3時に備えて、車で仮眠しておりますと

1台、車がやって来ました。

何せ、暗闇の中にただ一人いるのは私だけ。

少しの音や光でも反応してしますのです。

この頃、時計に目をやると、午前2時。

しばらくして、足早に立ち去って行きました。

空を見上げると、真っ白雲空。

3時になっても、空模様は変わらずでした。

ひょっとしたら、他の場所では見えたのかもしれませんね。

そのまま寝落ち、午前4時半。目を覚まし

 

夜明けのオンネトー。

街中とは違い、寒いです。

夜明け頃のブルー色の空が綺麗でした。

場所を移動しまして

オレンジ色に一瞬焼けました。

本当に、ここにいたのは私一人だけでした。

空気がひんやり澄んで、深呼吸。

ところところ、雪解けした湖面から

オンネトーブルーが垣間見えます。

 

湖に沿った林道は狭いので。走行には

注意が必要ですね。

 

水墨画で描けそうな4月のオンネトー。

これから色づいて行くのですね。

400mmの望遠レンズで、切り取ると

雌阿寒岳が活火山である、とわかります。

 

本当にコロコロ天気が変わります、ブルー色の空から

グレー色の空へ。完全に夜が明けました。

振り返ると

太陽のような、フキノトウが。

綺麗な色ですね。

氷の結晶のような、自然が織りなす美しい旋律です。

 

帰り際

折れた巨木の暴力的にも見える荒々しい姿が。

こんなに太い巨木が、どうやって折れたのでしょう?

先月3月初めの暴風雪の時だったのでしょうか?

ある意味、こんな光景は中々見れるものではありませんね 。

オンネトーの春は、もう少し先になりそうですね。

 

午前6時

私が帰る頃、やっと1台の車とすれ違いました。

足寄の高速インター入り口に差し掛かった時

遠目には犬にしか見えなかった

巨大な野ウサギに遭遇、びっくりして

カメラを構えた瞬間に、さっと草むらに隠れてしまいました。

撮れたら、ある意味

一番インパクトのある写真になったかもしれません。

 

街中は、ツツジも咲きました。

早いところでは、昨日桜も開花したみたいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA