彷徨った甲斐あり

冬の間に絶対に訪れたい

「タウシュベツ橋」

水位が下がって出現するきのこ氷は

勿論のこと

冬のタウシュベツと言えば

星空ですね!

氷上の立ち入りは

例年、12月末〜3月上旬ですが

今年は

来週火曜日20日が最終立ち入りみたいです。

理由ガス穴が多く発生しているみたいで

ガス穴:湖底から噴き出しているガスによって、凍った湖面が薄くなり

穴が開く現象。その上に雪が積もると、気づかない事もあり大変危険

タウシュベツ橋に行かれる方は

あくまで自己責任で!と看板に書いてありました。

「万が一足を外しますと湖に落ちることになりますので

立ち入りの際には十分にご注意ください。」

こんな事書かれたら、行くのも怖いですね!

初めて行く方は、ガイドさんや経験者同行をお勧めします。

いつもは1番のルートですが、今年の推奨ルートは

2番。少し遠回りで、橋まで30分くらいでしょうか。

先ずは、国道に車を止めて

湖まで向かいます。

スノーシューの跡を辿って、行けば大丈夫です。

ガス穴付近は、竹竿で囲ってあり

明るい時は危険箇所がきちんと見えます。

恒例のキノコ氷ですね。

 

氷の断面は

水泡が閉じ込められて、幻想的。

この光景も、糠平湖ならでは。

それにしても、分厚いです!

そして、目指すは

どこに行くか、解ります?

30分以上掛かる気がしますね。

 

やっと着きましたが、グレー色の空。

 

日暮れのタイミングを待ちました。

が、空は焼けませんでした。

そうこうしているうちに

雪も降ってきました。

新月に、冬のタウシュベツと星空を絡めて

撮れるタイミングは、3−4日間ほどでしょうか?

今年も、後3日間で氷上立ち入りが終了です。

又、来年と思い

一人戻りました。

薄暗かったものの、雪明かりのお陰で

すんなり戻れました。

が、この後

急展開が待っていたのです!

 

 

 

続きは、明日!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA