久々の更新

昨日は

はれのひ 篠崎社長の会見のニュースがありました。

動画が配信されていましたので、ずっと見てました。

一生に一度の成人式に出られなかった新成人の方が

当日の朝に、その事実を知るという

前代未聞の出来事の衝撃さ故、色々な噂、憶測が飛び

計画倒産、振袖持ち逃げなど

情報が錯綜しました。

会見を聞いて感じたのは、決して計画倒産ではなかった事は

分かりました。

しかし、結果として

成人式のお支度が出来ない事態になったのは事実です。

もっと早く手続きを始めて、

当日のお支度ができなくても、振袖だけは新成人のお客様のお手元に

渡す事が出来れば、こんなに多くの方が悲しむ事態にはならなかったと

思います。

今回の事件で

2つ学びました。

一つ目は、当たり前のことで「学ぶ」と言うか再確認した事です。

「一生に一度しかない成人式」のお手伝いをしているのだから

きちんとやって当たり前。

成人式に遅れないとか、希望のヘアスタイルや完璧な着付け。

新成人のお客様をお祝いする気持ちを

お支度する着付け師やヘアメイクさんと共有し

今以上に精度を上げる事です。

もう一点、こちらは本当に反省している事ですが

物事は様々な角度からの見方があり

偏った見方をしてはいけないと言う事です。

一斉にマスコミ、SNSで発信される情報を

あたかも真実のように鵜呑みにしてはいけないと言う事です。

今回の東京やジュエリーアイスでも

同じように感じる事がありました。

気持ち新たに、お客様に接して参ります。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

欠航便に当たらない私ですが、23日の悪天候でも

無事東京に到着出来ました。

時間は

 

日付が変わった午前0時過ぎです。

どんな経緯だったかと言うと

まず、18時出発の飛行機の遅延

19時30分に搭乗開始のアナウンスから

突如、機体整備のため欠航のアナウンス。

天候が原因の欠航の時は、翌日便への振替しかない訳です。

しかし、機体整備の場合は振替便への乗り換えが出来るのです。

本当に運が良いです、私。

こうして、JETSTAR→JALへの振替出来ました。

その手続きに、1時間半の並び。

そして、21時20分離陸で、23時10分頃の着陸

急いで、モノレールに飛び乗って、24時頃に宿最寄駅に到着出来たのです。

羽田に向かう便ですが、横列11人縦列62人くらいの大型旅客機。

滅多にないくらいの揺れ方で、760万分の1の確率と分かってても

恐怖を感じる揺れ方でした。その時に発せられる

チーフパーサーのアナウンスの落ち着いた言葉

に非常に感心しました。

雪がまだ残る午前0時だけあって、銀座界隈でも

ひっそり感漂っていました。

モンクレール↑

 

ブルガリ↑

 

スーパーブランドのウィンドウディスプレーは

どこも、目を奪われます。

私がいつも泊まるドミトリー的なホテルも

少し前と違って、外国人はもとより出張での利用客が

沢山。「初めて泊まったけど、思ったよりも全然いい。」

と、喋っていた方の会話が印象的です。

 

翌日と言うか、朝になって東京ビックサイトで行われている

ジュエリー業界の年1最大の展示会に行って来ました。

世界中からメーカーが集まり、インドや東欧などの外国人メーカーも

出展しておりました。

今回は、パール関係や、琥珀、トルコ石のルースなどを買い付けて来ました。

特に琥珀は、大きくて綺麗な裸石に出会う事が出来ました。

パワーストーンでもある琥珀で帯留を作ってみたいですね。

この宝石展示会は、ある程度のジュエリーの知識がないと

意味がないと申しますか、自分のイメージしているものと出会えないと思います。

私もここ5年ほど通い、やっと落ち着いて見れるようになって来ました。

今回感じた事を1つ。

びっくりするような高額品が当たり前に並んでいるブースに

一人で立ち寄り、交渉する事は緊張しますし、度胸も必要です。

なので、

人だかりが出来ているブースは、自分の知識の無さを露呈しなくていいので

気軽に立ち寄れます。

私が真剣に琥珀メーカーさんと話している最中の出来事でした。

私が行く前は、ブースに誰もいなかったのです。

ところが、私がメーカーさんと話をしている内に

私の後ろに付いて、奥から見ている方がちらほら。

そして、私が交渉している物を手にとって

あーでもない、こーでもないと喋り

何も買わずに去って行くのです。中年男性の二人連れでした。

これって集団心理的な行動なのかな?

例えば

3つの店舗があって、一つの店舗には凄い行列。

行列になっているところが、一番良いに決まっていると思って

自分で確かめる事をぜずに、並ぶ行動みたいな。

思い返したら、私もはれのひ騒動で

同じ事をしていたんですね。

みんなが言ってるのだから、正しいに違いない!

偏った見方を信じる行為です。

先日の悪天候で、沢山の氷が漂着した

ここでも、同じでした。

海沿いには、沢山の氷があるわけです。

ですが、人だかりがいるとこに

素敵なビューポイントがあるのが如く

人が人を呼び、そこだけ人人人。

学習した後の私ですので、流石にそこには行きません。

ある程度のビューポイントはあっても

ほとんどの場合は、

撮る側のイメージによって

決められるアングルや光加減で

絵は決まります。

考えて撮り、想像した通りの絵になった時の

感動が醍醐味なのです。

 

東京でも、ジュエリーアイスでも

同じですね。勉強になりました。

イメージした絵に出会いたい

と思ってましたので、暗くなるまで待ちました。

月明かりに照らされたジュエリーアイスです。

遠くでは、小さな光が。

誰もいないのかな?と思いましたが

イメージする絵を撮るために、夜間撮影してるのは

私一人ではなかったのですね。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA