京都桜紀行2017

4月に入ってからのバタバタな一週間の振り返りです。

 

正確には3月の終わりでしたが

 

IMG_5208

 

青年部の卒業式に参加しました。

卒業した5名の先輩の最後の花道でした。

みなさんそれぞれに、足跡をしっかり残した偉大な方ばかりで、

感動の式典でした。

来年の卒業式、私が演出担当なので

みんなが感動できるように、今から考えております。

動画作成も得意なだけに、桜の絵が欲しいなと

この時にも、考えておりました。

そして、一週間後の京都へと繋がります。

 

2日後は

 

IMG_5222

一年に一度の「社員旅行」でした。

日頃お世話になっている十勝川温泉「観月苑」さんへ。

いつもながら、今年も大女将様や若女将様に

たくさんのサービスをしていただき

スタッフ一同、大変感謝しております。

ご担当していただくH課長さまにも

感謝しております。

また来年も宜しくお願いします。

↑モール湯の露天風呂から眺めた夕焼けは

最高に綺麗でしたので、思わずアイポン持ち出して

露天風呂から撮ってみました。

2日後

 

IMG_5255

ポケモンがお出迎えしてくれた関西空港へ。

ポケモンは、外国の方に大人気ですね!

IMG_5256

夏休みはどうな演出でしょうね?

IMG_5233

いつもと違う南海電鉄に乗ってみました。

料金は「はるか」とそんなに変わらないのに

このゴージャス感。ゆったりできました。。。

IMG_5204

 

電車のつり革広告で発見!

えりも岬の豊似湖。

石屋製菓の「白い恋人」だったかな?

CMでも放映されたハート型の自然湖です。

すごく行きたかったのですが、何せ空撮しないと

撮れないでしょ?諦めてたところに

土木関係の先輩がDJIのドローンを買ったみたいなので

早速借りる約束をしまして!

今年は、このハートの湖を撮るのが目標ってところです。

5月中旬にならないと車での通行ができないそうで、

今から楽しみです。クマも出るみたいなので、スプレー持参です。

初日

京都に着いたのは夕方で取引先も、もう終わってました。

IMG_5236

 

いつも泊まるホテルの近くの八坂神社の周りには

たくさんの外国人!

京都の桜の人気は、すごいですね。

この時期は、アジア圏の方よりもヨーロッパの方が多い感じです。

 

0N2A9912

↑ 昨年撮ったものです。

昨年の丁度同じ時期は

東寺の桜は満開でしたが、今年は蕾でした。

0N2A0165

二条城も、今年は蕾でした。

↑は昨年のライトアップです。

0N2A9945

これも昨年撮った写真です。↑

祇園白川も、蕾&ライトアップ中止でした。

人が多すぎて、事故が起こる可能性があるとのことで

中止になったそうですが、相変わらずたくさんの人。

ここは中心部の近くでわかりやすいし、夜の飲食店の

近くですので。

0N2A0051

昨年の写真↑

先斗町の入り口の桜も、蕾。。。

その年、その年で見頃は変わります。

 

ということで

毎年、必ず行きたい「平野神社」も満開とは

行きませんでしたが

夜桜を眺めに、行ってきました。

192A2195

ここは本当に、風情があります。

拝観料とかもありませんし、

行ったことがない方は、ぜひ一度訪れてください。

192A2132

いつも持ち歩く広角レンズでは

同じ絵になるので

今回は頑張って、望遠レンズにしましたので

いつもとは違った絵を撮ることができました!

「平野神社」拝観料無料

100点満点中、100点です!

http://www.hiranojinja.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

平野神社を出たのが21時近くでしたが

北海道に比べたら暖かい!夜風が気持ちーい

ってのは、少しやせ我慢でしたが

も一箇所、行ったことがないところへ

 

平野神社から歩いて25分掛かりました。

日本で最初の天満宮である「水火天満宮」へ。

水難火難避けの神を奉る神社です。

そんなに大きくないし、どちらかというとマイナー。

京都の取引先さんも「どこ?」みたいな。

しかし、ここの紅しだれ桜は格別です。

そして、人がいない。

満開の夜桜を独り占めしました。

192A2321

192A2390

192A2282

ここだけは、広角で撮りたかったですね。

そして、夜桜を眺めながら

「ここで、振袖のロケができたら

どんなに最高なカットをとることだ出来るだろう」

と、一人想いを馳せながら

しばらく眺めてました。

「水火天満宮」 拝観料無料

100点満点中95点です!

http://suikatenmanguu.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

帰りはさすがにタクシーで。。

そしていつもの

「餃子の王将」で一人飯。

 

翌日は

所属振袖グループの総会&新作受注会!

IMG_5249

 

中村里砂ちゃんの振袖!

うちのグループだけの別注柄です!

K0

多分タレントの振袖の中でも

一番人気があると思います!

6月発表のの「ROLA」は

どうでしょうね?

K

今月末のGWフェアで初お目見えです!

受注会会場は

ただいま取り壊し最中の産業会館隣の

ビル13階。

 

IMG_5245

こんな感じで、工事の進捗を眺められます。

先月よりもずいぶん進んだ気がします。

 

いつもは、受注会後の懇親会に参加しますが

桜と紅葉の時期だけは

ごめんなさい!

撮影に行かせてください。。。

というわけで

 

バスで約一時間揺られ

後ろの席で、揺られ過ぎて吐きそうになりました。

192A2908

取引先に教えてもらった

知る人ぞ知る

「佐野藤右衛門邸」へ。

ガイドブックとかには、あまり掲載がないそうです。

何せ、ここは個人の家の庭。

佐野藤右衛門とは、嵯峨野にある「植藤造園」の当主が代々引き継ぐ名です。
歌舞伎役者が、名を襲名するのは、ご存知だと思います。
それと同じようなものだと考えれば、分かり易いですね。

佐野藤右衛門さんは桜守としても有名ですが、

その活動は14代目から行われています。

現在は16代目だそうで、もちろん桜守。

円山公園のしだれ桜、蹴上のインクラインの桜などを育てたのも

佐野藤右衛門氏の仕事ですよ!

0N2A0436

こちらが「祇園の夜桜」こと

円山公園の桜です。

こんなに美しい桜を管理されている方のお庭に

お邪魔したわけです。

すごく遠かったですが

行って大正解です!

192A2736

↑ 今回の京都撮影で一番気に入っている写真です!

お庭の桜は本当に見事でした。

これでも満開ではないそうですよ。

そして、道路を挟んで竹林があるわけです。

だから、ピンクと緑の共演のカットが撮れたんですね!

 

佐野藤右衛門邸 拝観料無料

100点満点中120点!!

http://www.uetoh.co.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

戻ってきたら、もう暗くなっておりました。

昨日の5部咲きの先斗町の桜も

満開近くになってました。

若者たちがはしゃぎながら、

スマホで撮りあっているのが、印象的でした。

この日の夜は

こちらも京都の定番、トリキーこと鳥貴族。

帰り際に少し撮って、帰りました。

192A2559

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

翌日、帰る日

速攻で身支度し

取引先が9時からなので

その前に

192A2694

京都御所へ。

いつもお世話になっている小物問屋さんの

展示会会場が

御所の間迎えなので。

虎屋の一条店も、この近くですよ。

 

最近覚えた楽しみ方なんですが

 

haikei

カメラの機能にある4K動画。

4K動画から、静止画を切り出せるわけです。

例えば、風が吹いて桜が散る瞬間も

動画で撮っていれば、いい感じの散り具合の

ところを、静止画に出来るわけです。

これ、結構ハマります。

30981

↑の2枚は、動画からの切り出しです。

 

192A2656

こんな感じで、皆さん撮ってますよ!

枝垂れ桜の大きさがわかりますね!

 

「京都御所」 拝観料無料

100店満点中 93点

http://souda-kyoto.jp/travel/sakura/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いつもは、ここで「はるか」に乗って帰るのですが

早起きした分

1時間程の余裕を作り

もう1か所!

取引先様に「タクシー券」も頂けたので。。。。

咲いてないのは承知で

行ってみたかった

「原谷苑」へ。

192A3012

奥の枝の部分、満開になると

全部ピンク色になります。

 

ここは

京都市内でありながら、行きにくい場所にあることもあり

「桜の隠れ里」としても知られています。

そんな穴場的桜の名所には想像を絶する

枝垂れ桜のジャングルが!

ここの満開も、いつか見てみたいですね!

「吉野の桜と原谷の桜。一度は観ておけ。」

そんな風にも言われているそうですよ!

 

192A3007

桜以外にも、色々な花が咲いています。

 

192A3024

 

「原谷苑」 拝観料 1500円

100店満点中 85点

http://www.haradanien.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2017年京都桜紀行

如何でしたか?

いつかは見てみたい

「京都の桜」

私も、年を重なることに

だんだん詳しくなってきておりますので

行かれる方は、ぜひ聞いてくださいね!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA