雪のある景色

_F2A0690

 

冬の北海道、なかでも道東 鶴居村。

ここにはタンチョウ鶴が多く生息し、雪のある景色の中で見る姿は優雅そのもの。

野生のタンチョウが生きるための食べ物が不足する冬は、タンチョウ保護センターで給餌をします。

そこに、100羽以上のタンチョウが集結するんです。

お近くと言っても、車で2時間半はかかるので、おいそれとはいかないものの

先日行ってきました!

 

この日は、1月としては異例のプラス3℃ぐらいあり

霧のようなもやがかかり、幻想的な景色!

 

_F2A0849

 

タンチョウの鳴き声を聞きながら、シャッターを切り続けます。

有名スポット「伊藤サンクチュアリ」には、タンチョウの他、白鳥もたくさん集まってきます。

 

びっくりしたのが、管理人の方でしょうか?

 

「今、白鳥をどけますから」と言い

 

_F2A0825

そりに載せた木でできた枠のようなもので近づくと

白鳥だけ、飛び立っていったのです! 天然記念物との差でしょうか?それともカメラマンに配慮

してくれたのでしょうか??

 

今回は私一人ではなく、年に数回一緒に行く撮影仲間と行きました。

 

ちょいと彼のご紹介。仕事はアパレル関係ですが、近い将来プロの写真家を目指している

生き方そのものは「フォトグラファー」な彼。

 

私が師事しているネイチャーフォトの先生を介して知り合いになったわけですが

いつもは、AUDIの2枚ドアで坂道をガンガン登っていき、私のコロン君は追いつくのに必死・・・

ですが、今回彼が車を入れ替えたと言います。。。

 

IMG_0944

ボディー後ろに張っているステッカーがイケてますね!

車の中はというと・・

IMG_0943

広い!悠々足を延ばして寝れます!

撮影するときの便利さを考え、新車で商用車で乗り換える男。

中々いません。。かっこいい—–です!

 

今回もたくさんのカメラマンがいまして、シャッター音は響きまくってます。

 

私が最近感じるようになったこと。

 

「撮る」事と「捉える」事の違い。

 

これは、ネイチャーフォトも人物ポートレートでも共通している極意だと思っておりますが

 

彼は完全に「捉える」視点を持っています。先輩ですが年も近いので、今後も刺激し合えればと思います。

Fさん、又ご一緒しましょう!今回もありがとうございました!!!

 

IMG_0945

そーいえば、ここにも行きました!「阿寒国際ツルセンター」

ここもツルに給餌をしているのですが、ここの「お魚タイム」は午後14時。

それをめがけて、オジロワシが時間になるとどこからともなく

現れます!今回は霧の為、1-2羽しか現れずバトルはなく残念。

ですが、珍客が登場!私は初めて見ました。。。。。

_F2A1002

エゾシカさん、登場!合計9匹も来ました!

 

なかなかおもしろいです!しかし、時間きっかりに現れるのですから

 

野生動物の時間感覚ってすごいですね!!

 

そんな撮影ツアーでした。

 

その後は、19時からいつもの「氷まつり」の設営作業にいきました。

22時まで毎日、祭り開催まで続きます!!

 

_F2A1222

作業開始前のミーティング。みんな仕事が終わって直行です。

もちろん、他のメンバーも仕事終わり次第、途中参加し、最後は倍くらいの人数になってます。

 

_F2A1227

途中の休憩時間。ヘルメット着用は義務です。

 

_F2A1230

何せ、100K以上ある氷をクレーンで持ち上げ、氷のスライダーを作っていくのですから!

 

一つの事を力を合わせて、成し遂げる一体感。

これって、やってみないとわからない感覚なんです。

これがあるから、自然とみんな毎日何十人と集まるんです!

 

作業終了後には、毎日「まかない」もあるんですよ!

 

まかない担当さんが、毎日作ってくれます!

 

_F2A1236

この日は、「カレー&シチュウー」です!

みなさん、どんぶりご飯にハーフ&ハーフで頂きます!

 

作業終了後のご飯のおいしさときたら。。。

 

先日は、帰り際

 

IMG_0946

誕生日まで祝って頂き、本当にうれしかったです!

 

バームクーヘンベースにあまおうトッピング、そしてお線香用のろうそくでデコレーションされた

 

ケーキは最高でした!

 

I先輩、本当にありがとうございました!といってもブログを見ないのはわかってますが

 

先輩の温かい心配りが染みましたよ!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA