そうだ、京都に行こう。。。。

先日、12月の京都に行ってまいりました。

宿や航空券代がやけに割高と感じましたが

11末~12頭は紅葉のピークで、あちこちに観光客の方の姿があり、納得。

例年は11月に行くのですが、お客様の前撮りのご予約があり、

今年は、12月に。

それでも、年末の新作振袖フェアの打ち合わせなどがありましたので、丁度グッドタイミング。

 

最近は、振袖を見に、本当にあちこちのお取引様にお伺いします。

今回も、ご紹介で行った新規のお取引様のところは

今まで扱わなかったテイストの振袖があり、勉強になりましたね。

 

そんななか、取引先さまに教えていただいた「紅葉のライトアップ」のお話。

 

「22時までやっているから、ぜひ」と。

 

そんな訳で行ってみました、清水寺。

 

ホテルから歩いて20分ぐらいかな。

 

12081

 

すごい数の観光客でした。

 

最近流行の、スマホ自撮り棒で撮ってる、恋人や友達同士が印象的。

 

人に頼まず、好きなアングルで撮れますものね。

 

初めて京都の紅葉を見ましたが、夜のライトアップはキレイの一言。

 

12082

 

こちらは、清水寺のお近く「高台寺」

 

ここも有名な紅葉名所。

 

この時期は、ライトアップも有名な照明デザイナーの方とタイアップしているそうで

 

幻想的は新古典主義な感じ。

 

12083

 

シンメトリな池に照らされた紅葉が、息を飲むほどの美しさ。

 

12084

 

こんな竹林と番傘の演出も、すごく京都らしいですね。

 

この素材は、動画とかでうまく活用できそうですね。

 

12085

 

すばらしい写真の原則である「光と影」や「色彩」が

 

そこにあるわけです。

 

あとは、シャッターを押すだけです。

 

スマホでも、一眼でもいいんですね。

 

だれでも、「いい写真」を撮れる空間がそこにはありました。

 

12086

 

縁側から観る、幻想的な光と影の紅葉。

 

いかにも京都らしいです。

 

↑の写真、だれもいないですよね?

 

そうなるのを待って、撮ったからです。

 

終わりの22時ごろ。それまでは、みんな縁側に座って、パチパチです。

 

私が思う京都って、こんな構図です。

 

12087

 

こちらは、雨の南禅寺。飛行機に乗るまでの30分でダッシュ。

 

床もみじも、京都らしいです。

 

 

12088

 

拝観料を払わなければ入れない「南禅院」・でも¥300ですよ。

 

 

有料スペースは人も少ないものです。

 

 

12089

 

散ってしまう前の情景が目に浮かぶ、紅葉の池?

 

この時期、たーくさんのお寺で、広がっている紅葉。

 

夏の京都「祇園祭」よりも、紅葉の京都の方が観光客が多いのも

 

納得した、今回の出張でした。

 

「そうだ、京都に行こう!」なんですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA