儚さ

昨日は短い夏の終わりを告げる「道新花火大会」でした。

08314

この花火大会が終わると

 

気持ち的に「秋」に切り替わります。

 

心地よい風に当たりながら、見上げた空には

 

キレイな「花」の数々。

 

音と光の共演はなくとも

 

しみじみと味わうことができる、この花火が大好きです。

 

08313

 

地元開催の花火大会は2つありますが

 

比較することなく、それぞれの良さあります。

 

08311

 

一瞬で終わるからこそ、愛おしいのかもしれません。

 

見上げた空から、降ってくるような「あの感覚」

 

来年も楽しみに!

 

08315

 

輝く花火のように・・・・

08316

 

↑の花火、なんだかわかりますか?

 

答えは「スイカ」です!!

 

 

お次は

 

 

08317

 

これですが、なんでしょう?

 

 

答えは「クリスマスツリー」

 

夏の風物詩で冬を表現するところがいいですね!

 

 

私の今回の一番のお気に入りフォト

 

 

 

08312

 

タイトル「夜空を見上げれば・・・・」 です。

 

明日からは、京都です。

 

お振袖もたくさん仕入してきます!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA